chronic life

stay awake, stay asleep

嫌われ松子の一生/最終回

犯人を変えてきましたか。確かに、原作や映画を先に読んだり観たりしていた人にはなかなかのサプライズだったような気もしますが(直前の演出も含めて)、このドラマ自体のオリジナリティとして、その変更した犯人にそこまで意味があったかと云うと……ちょっと僕には読み取れなかったですね。まぁ、ある意味松子らしい最期だったと云えるのかも知れませんけど。些か設定的に無理があっても、赤木が北九州刑務所の教誨師になって龍と絡んだのは、それだけ北村さん演じる赤木と云う人物のキャラクターが膨らんで、どうしても最終回まで出したかったからなんでしょうねぇ。現代パートに関しては、もう別に云うことはないですね。松子の生まれ変わりだと想って、笙と二人で頑張って子供を産んで育てればいいんじゃないですか、明日香は。最後のイメージシーンと云うか、松子の夢みたいな部分についても、何とも云えない感じだったなぁ。いや、あれが本当に心から松子の望んでいた自らの姿だったんでしょうけど、「だから何?」と云う想いが拭えませんでした。うーん、総じてこの連ドラ化はどうだったんだろうなぁ……。