chronic life

stay awake, stay asleep

ハチミツとクローバー/第二十四回

きっと続篇があるであろうことを確信して、「最終回」とは書きません。竹本が帰ってきて……のところで終わったのは、まぁ予想通りと云うか、こういうもんだよね、って感じだった。ちょっと花火がわざとらし過ぎたとか、竹本の顔が……とか、想うところがないではないが、僕の最近の持論である「純愛はファンタジーである」に照らし合わせてみると、それはそれでアリだな、と。