chronic life

地下室の屋根裏部屋で

壬生義士伝

中井貴一さん演じる吉村が切腹する前のモノローグが少々長かったかなぁと感じたところ以外は、(エンターテインメントとして)ほぼ完璧だったと想います。正直、期待していたよりもかなり面白かったですね。いやー、観て良かった。キャストはもう、本当に全員と云っていいほど皆さん素晴らしかったんですが、個人的には特に佐藤浩市さん演じる斉藤一中谷美紀さん演じるぬいのシーンが最高でした。『新選組!』好きとしては、堺雅人さんの沖田に少しは違和感を覚えるかなぁ、と云う危惧もあったんですが、ツカミのシーンで既に山南さんのことは頭からすっかり消えていましたね。そう云えば、本作の劇中では「山南」って名前すら出てこなかったような気がするなぁ。ま、それはさておき。小説の方は未読なので、原作と比較することは出来ませんし別にするつもりもないんですが、幕末の京都や新選組を描いても、ラストはやっぱり浅田次郎的になるものなんだなぁ、と想いました。別に、ファンタジーっぽいことは何も起こってないんですけどね。

壬生義士伝 [DVD]

壬生義士伝 [DVD]