chronic life

stay awake, stay asleep

弁護士のくず/第六回

大筋としては、先週の予告を観た時点で想像していた内容と殆ど同じだったので、ストーリー的なサプライズはほぼなかったと云っていいんですが、沢村さんと深水さんの関係に、ポン太と死んだ彼の関係を擬えさせるところなんかは、なかなか面白い趣向だな、と想いました。それにしても、沢村さんと深水さんのカップルは、何だか妙にお似合いだったなぁ。ナイス・キャスティング! 後は、先週期待していた九頭の自宅のシーンが結構長めにあったのも良かったです。長かったと云えば、白石先生の女装シーンも案外長くてちゃんとしてたなぁ。面白かったからいいけど。それと、沢村さん演じる黒田の妻役だった椋木美羽さんを、かなり久し振りに見ました。結構好きだったんだけどなぁ、最近あんまり見掛けませんよね。残念です。それと、ラストは「痴女と見せ掛けて実はスリ」と云うネタよりも、九頭が「今はもう六話撮ってんだから、四話の借金の話なんかするなよ(大意)」と云った台詞をポロッと吐いていたのが、個人的にはとてもツボでした。こういう遊び心、大好きです。