chronic life

stay awake, stay asleep

嫌われ松子の一生/第三回

松子と岡野が愛人関係になるまでが結構じっくりと描かれていたり、松子が実家に帰るタイミングが違っていたりと、微妙に原作とは異なる部分が出始めてきたのですが、これはこれで良かったかなぁ、と。特に、二人の関係が深まるまでの流れは、原作でも映画でもすっ飛ばされていたので、かなり興味深かったです。しかし、岡野は悪い男だよなぁ。あそこまで自分で謀っておいて、「抱いてくれと云ってきたのは君の方じゃないか」と来ましたか。まぁ、原作や映画よりも岡野の酷さがより際立つ演出で、良かったと想いますが。また、それを演じる谷原さんがとても素晴らしかった。本当、こういう役をやらせたら抜群に巧いよなぁ。後は、赤木もかなり印象的な人物として描かれているのが良かったです。それは、脚本上として重要なポジションに置かれていると云うこともあるんでしょうが、やはり北村さんの力と云うのも非常に大きいと想います。いやー、北村さんの赤木はいいなぁ。水商売の男が醸し出す独特の雰囲気と、茶目っ気が絶妙に同居している感じが実にいい。って云うか、次回であそこまで行っちゃうんだ。勿体ないなぁ。もうちょっと、この辺りでウロウロしていて欲しかったのに。それにあの役、吹越さんなんだ。それなら尚更、もう少しゆっくり描いて欲しかったなぁ。残念。