chronic life

stay awake, stay asleep

曲がり角の彼女/最終回

非常にいい最終回だったんじゃないでしょうか。久し振りに、こんなに前向きで清々しい、自然と笑顔が零れるような最終回を観た気がします。最近は、泣いちゃうか引いちゃうか、どっちかが多かったもんで。
今回は、いつにも増して素晴らしいシーンの連続だったので、凡てについて語っていると、とんでもない長さになってしまいそうなので、特に気に入ったシーンを一つだけ。
ライバルホテルに引き抜かれた千春に対して、甲本が「また引き抜き返すから」と応えたシーンが、当の千春ではないけれど、想わず訊き返してしまいそうなほどサラッとしていて、非常に好感が持てた。ありがちな脚本だと、得てしてこういう台詞をじっくり描いてしまい、それが裏目に出てしまったりするので、単純に巧いなぁと想ったと同時に、甲本の台詞に素直に感動もしたのだった。
逆に、それを受けて千春が甲本を追っていった後の遣り取りは、いつもの二人の関係性を残しつつも、その場で交わされる幸福感溢れる台詞や表情によって、これまで二人が積み重ねてきた様々な出来事が、自然と頭の中を過ぎっていった。安易に回想シーンを入れず、視聴者の想像力に委ねると云うのは、それだけこれまで自分達が作ってきたドラマに自信があり、尚且つ視聴者を信頼しているからこそ、なせる業だろう。
主演の稲森いずみは、『ハッピー・マニア』の「シゲカヨ」以来の当たり役だったのではないだろうか。他のキャストもそれぞれに自らの持ち味を存分に生かし、非常にクオリティの高いドラマを作り上げていたと想う。特に、今回も屋台で軽快な遣り取りを見せてくれた甲本と堀内を演じる要潤伊原剛志の男性陣二人は、千春の魅力を引き立てつつ、同時に彼等自身の魅力も充分に感じることが出来た。
離婚弁護士Ⅱ』の方は通常放送で、こっちは15分拡大版だったのは、やはりこのドラマの人気が、ちゃんと制作サイド(局)にまで届いていると云うことだろうか。ま、実際数字も『曲がり角〜』の方が良かったみたいだけど。
こりゃあ、ドラマアワードの上位が大変なことになってきたな。嬉しい悲鳴だ。いやいや、あまりにいい最終回だったので、想わず語ってしまった。