chronic life

stay awake, stay asleep

スクラップ・ヘブン

ちょっと長いので畳みます。内容に関しては、殆ど触れてないつもりです。

スクラップ・ヘブン [DVD]

スクラップ・ヘブン [DVD]

いやー、何だか久し振りに凄く「映画らしい映画」を観たような気がします。面白かったです。ここで僕の書いている「映画らしい映画」と云うのは、小説やドラマなど他のメディアではその面白さを充分に表現し切れないような作品のことで、こんな風に書くとちょっと判り難い映画か、映像の美しさや斬新なカット割を誇るような作品を想像されてしまうかも知れないんですが、別にそういう訳じゃないんですよねぇ。いや、確かに地上波の連ドラとかでやりそうな話ではないし、実際に映像や編集、それに音楽の付け方なんかも面白いとは想ったんですが……うーん、なかなか僕の感じた面白さを説明するのが難しいですね。と云う訳で、キャストの話に移りましょうか。加瀬亮オダギリジョー栗山千明と並ばれたら、期待するなと云う方が難しいと想うのですが、ちょっと栗山さんの出番が少ないかなぁと想った以外は、概ね予想以上に良かったです。特にオダギリさんのハジケっぷりがかなり素晴らしくて、演じているのが超楽しそうでした。加瀬さんはねぇ、もう何かどんな映画でどんな役をやっていてもハマり役に観えてしまうので、逆に卑怯ですよね。ラストシーンのシンゴとか、絶対加瀬さんにしか出来なかったような気がするもんなぁ。想わず、吐息が漏れてしまいました。上記の通り、出番自体は加瀬さんやオダギリさんよりも少ないんですが、栗山さんの放つ普通の世界から数センチ浮き上がったような存在感もとても印象的で――と云うかまぁ、栗山さん演じるサキ自体も印象的ではあったのですが、彼女の作ったアレが非常に興味深かったのは、本作を観るのと並行するように『邪魅の雫』を読んでいたせいもあるのかも知れません。おっと、これは書いちゃあマズかったかなぁ。まぁ、いいか。