chronic life

stay awake, stay asleep

虹とクロエの物語/星野智幸/河出書房新社

以前、同じ著者の『ファンタジスタ』を読んだ時、「好きな感じではあるんだけど、ちょっと苦手かなぁ」と想ってしまったので、その後なかなか次の一冊を手に取る機会を逸していたんですが、これはとっても読み易くて面白かったです。まぁ、単純に「読み易い」と云う一言で乱暴に片付けしまっては、色々と大事なものを取り零してしまっているような気がしないでもないですが、面白かったことは確かです。そもそも、好きな感じなんですよ、こういうの。誰に一番共感、と云うか感情移入していたかと云うと、それは意外にもクロエだったりして、自分でもどうしてクロエに一番近しいものを感じるのか、よく判らなかったりするんですが、とにかくそういう気分で読んでいました。幾つかキーワードになるような単語はあると想うんですが、その中でも僕は、ユウジの云う「西」と云う奴に特に心惹かれました。いやまぁ、とは云え僕はあんなこと、多分しないと想いますけど。後、装幀も凄くいいと想いました。そして最後に、球蹴りがしたいです。

虹とクロエの物語

虹とクロエの物語