chronic life

stay awake, stay asleep

白夜行/第七回

基本的に表で起こっていることしか描かれない原作に対して、裏で何がどう処理されていたのかをメインに描こうとしているドラマ版では、逆に表での動きが非常に省略された形になってしまう。例えば今回で云えば、高宮と三沢千都留との関係なんかが正にそうで(これが「表での動き」なのかはさておいて)、実際にもそれほど深い繋がりがあった訳ではないのだろうけれど、それにしてもやはり、必要最小限の描写に抑えられている。改めて考えてみると、これって『神はサイコロを振らない』の構成と似ているような気がする。つまり、本当に丁寧に描こうとしているのは中心人物数人だけ(『白夜行』で云えば亮司・雪穂の二人だけ)で、割り切った云い方をしてしまえば、それ以外は物語を駆動されていくための駒でしかない。だからどうだと云う訳でもないんですが、ちょっとそんな風に想った訳です、はい。それにしても、三沢千都留が佐藤仁美とは、なかなか味なキャスティングだったなぁ。確か、まだ出番ありましたよね? 楽しみだなぁ。で、最後に出てきた西田尚美が栗原典子か。この辺りの配役の妙は、ドラマ版『白夜行』で特に評価したいところですね。って、殆どまともな感想になってないけど、今週も変わらず面白かったです。
ところでやっぱ友彦は、もうこれでフェードアウトしちゃったのかなぁ。ちょっと残念だ。