chronic life

stay awake, stay asleep

たったひとつの恋/第一回

いやー、これまではなるべく亀梨君の「キムタク化」については気にしないようにしていたつもりだったのですが、今回は流石にちょっと見過ごす訳にはいかなかったですね。だってそもそも北川さん自体が、恐らく昔の木村君に書いているような感じで、今回の亀梨君の台詞を書いているような節がありましたから。まぁ、このドラマに関しては「木村君っぽい」と云われても致し方ないのかなぁ、と。大体、亀梨君の演じている弘人って、北川脚本じゃないけど『若者のすべて*1の木村君と萩原聖人の役を足して二で割ったような雰囲気じゃないですか。性格が木村君で、環境とか設定は萩原聖人みたいな。一方、W主演の綾瀬はるかは、与えられた役を忠実に演じていて、既に安定感すらあるように想われました。まぁ、よく役にハマっていたと云うことかも知れませんが。ハロウィンの魔女の扮装とか、そうそう似合いませんよ、普通。後は、財津和夫さん演じる父親がしきりに気にしていた、過去の病気が再発するような展開にならなければいいんですが――北川さんだからなぁ……。ドラマ全体としては、「現代版ロミジュリ」と云うよりも「船に乗らない『タイタニック』」って感じでしたね。まぁ、観てないですけど映画。弘人達の吐いた嘘については、多分早い段階でバレるんだろうなぁと予想していたので、それを初回のラストに持ってきたのは、丁度いい構成だったと想います。今のところ、そんなに北川さんらしさが出ているような感じはしなかったんですが(寧ろ野島伸司っぽいと想った部分さえあった)、今後キラーパスのような(北川的)名台詞が出ることを祈って、二人の恋を見届けたいと想います。あ、主役の二人以外には全く触れなかったですけど、それはまた追い追いと云うことで。

*1:因みに、岡田惠和脚本