chronic life

stay awake, stay asleep

偏愛文学館/倉橋由美子/講談社

「偏愛」と云うものが好きである。「偏愛」を偏愛していると云ってもいいかも知れない。それ故、誰かが自らの偏愛しているものについて語っている/書いているのを聞いたり読んだりすることも大変好きなのだが、この本はそういう僕の好みにとても合っていて、実に面白かった。本書で紹介されている作品や作家は、タイトルや名前は知っていても、実際に読んだり触れたりしたことはなかったものが殆どで、しかもここで紹介されなければ、殊更意識することさえなかったかも知れないものも多く、本書を通してその魅力の一端に触れられたことは、非常に幸福なことだったと想う。ほぼ凡ての作品に興味を惹かれ、実際に手に取ってみようと云う気になったのだが、中でも『魔の山』と『太陽がいっぱい』、それに吉田健一の諸作については、今後確実に読むことだろう。自分自身、「紹介上手」には程遠いが、「紹介され上手」への道は近いような気がしている。
それにしても、どうして今日はこんなに文章が硬いんだろう。謎だ。

偏愛文学館??

偏愛文学館??