chronic life

stay awake, stay asleep

生首に聞いてみろ/法月綸太郎/角川書店

読了。嘘を吐いても仕方がないので正直に云うと、法月は『密閉教室』を冒頭何頁かで挫折して以来、全く読んだことがなかった。手に取ることすらなかった。つまり、法月作品で初めて最後迄読み通したのが、この『生首に聞いてみろ』と云うことになる。
率直に云おう。大変面白かった。文章も非常に読み易かったし、ストーリー自体もとても良かった。ミステリー的な趣向も気に入った。だから、総じて素晴らしいと想ったし、好きな作品でもある。デビュー作との相性が悪かったからと云って、是迄長々と法月を敬遠して来た自分を、少しだけ恥じた。そして後悔した。うん、すまん。
上記のような経緯のため、長い間待っていた新作と云った過度な期待は、情報としては耳に入ってはいても、実際待っていた訳じゃないので、特に重荷になることもなく、純粋に小説の世界に浸ることが出来た。事件が実際に大きく動き出してからは、とても眼が放せず、又一気に読み切ってしまった。そして、結末を唯ただ堪能するばかり。
僕が特に肌に合ったのは、実はストーリーでもミステリー部分でもなく、その文章だったりする。こんなに読み易いのに平板ではなく面白味に富んだ文章は、久し振りに読んだ気がする。その昔読んだ『密閉教室』とは豪い違い。そりゃあそうだ。デビューから既に、15年以上の月日が流れてるのだ。それを同じ土俵で語っては可哀想だろう。兎も角、読み終わって一番最初に浮かんだ一言は「円熟」に尽きる。素直に、誰にでも薦められる傑作だろう。是で又、年間ベストがややこしくなったのは、云う迄もない。
……良し、是で「ヘリテロ」の感想に戻れるぞ(笑)。

生首に聞いてみろ

生首に聞いてみろ