chronic life

stay awake, stay asleep

超・殺人事件 推理作家の苦悩/東野圭吾

『ペニス』の後なので、薄くて読み易くて一寸笑える奴がいいなぁーと想い、是を手に取り早速読了。親本が出た時から、ずっと眼は付けていたのですが、なかなかハードカヴァーは手が出なかったので、文庫化万歳です。
名探偵・天下一大五郎は出て来ないけど、路線としては『名探偵の掟』・『名探偵の呪縛』の流れに近い感じ。僕の好きな東野圭吾です(笑)。現在のミステリーを取り巻く環境や、作家・編集者・作品、etcを、シニカルな視点で描写し、更にそこに笑いの要素を加味。と云うか、メインは笑いなんだよな、是。ネタとは判っていても、読んでて面白いから赦せてしまうけど。
特にラストの一篇「超読書機械殺人事件」は、色々と耳が痛い人が多いかも知れない。是を最後に置くことで、グッとこの短編集の趣向が際立った気がする。まぁ、一番僕が好きだったのは、「超長編小説殺人事件」ですが。