chronic life

地下室の屋根裏部屋で

知恵熱/池松江美/PARCO出版

読了。池松江美の処女小説集――と云っても、「池松江美って誰だよ?」と想われる方が多いかも知れませんが、「辛酸なめ子」と云い換えれば、判ってもらえるんじゃないでしょうか。そうです、この作品はあの辛酸なめ子氏の小説デビュー作なのです。でまぁ、一言で云えば、非常に辛酸さん*1らしい出来栄えとなっております。
先に掲げた「処女小説集」と云う言葉が、この本をほぼ的確に云い表していて、これ以上の表現はないんじゃないだろうかと。つまり、そういうことなのです。表題作を含む四つの短篇が収められていて、これがまぁ似てたり似てなかったり、何だかもうよく判らないんですが、とにかく非常に面白い。特に気に入ってたのは「純潔の契り」。もうね、ここまで来たらある意味ホラーなんじゃないかと想えるくらいに笑える。そこが素晴らしい。若い女の子のあれやこれやが読みたかったら、『マリみて』なんか読んでないで、これを読みなさい、これを*2

知恵熱

知恵熱

*1:この呼び方はどうかと想うが

*2:時には多少挑発的に