chronic life

stay awake, stay asleep

現代小説のレッスン/石川忠司/講談社現代新書

空前絶後?――要するに、素晴らしいってことだ。

読了。話題に上るのが殆ど既読の作家で、少なくとも表面上、何が書いてるのかさっぱり意味が判らない、と云うことはなかった。納得出来るかどうかは別にして、だけど。とは云え、各論としては結構共感と云うか頷ける部分があって、もっと色んな作家や作品について論じているものも読んでみたいな、と想いました。
取り上げられている作家の中で、村上春樹はまだまだ読んでいない作品の方が多くて、今後読んでいきたいと想っていたんですが、本書を通じて特に気になったのは『海辺のカフカ』。いや、お前はそれより先に『羊をめぐる冒険』を読めよと、どこかから聞こえてこないでもないですが。
他に未読作品で読んでみたいと想ったのは、森絵都の『カラフル』と水村美苗の『本格小説』。角田光代も、もっと色々読んでみようと想いました。
それと、作中で引かれていた、アラン・ワッツの「人生とは“これはゲームではない。本気なのだ”というルールに従うゲームである」と云う台詞に心底納得痺れてしまって、暫くお気に入りのフレーズになりそうだ――って、もしかして遅い?

現代小説のレッスン (講談社現代新書)

現代小説のレッスン (講談社現代新書)