chronic life

地下室の屋根裏部屋で

津村記久子『君は永遠にそいつらより若い』筑摩書房

 凄く不思議な小説でしたね。読み易いような読み難いような、楽しいような切ないような、どうにも一言では説明のしようがない、妙な感覚に陥りました。いやー、末恐ろしいですね、この人は。

君は永遠にそいつらより若い

君は永遠にそいつらより若い