chronic life

地下室の屋根裏部屋で

2007-03-23

 八木シリーズの新刊『世界でいちばん醜い子供』の発売*1と佐藤先生のサイン会*2がほぼ同時期で、しかもそれを同じ日に知ってしまったからには、二つを絡めて日記を書かずにはいられないのです。と、ここまでで既に八割方「日記を書こう!」と想った初期衝動は完遂されてしまったので、後は別に書くこともない。
 読書記録としては、角田光代の『薄闇シルエット』と仲俣暁生鍵のかかった部屋」をいかに解体するか』を両方少しずつ読み進めていると云った感じです。返却期限が迫ってる奴とか結構あるんだけど、なかなか全部は消化出来そうにないなぁ。
 あー、それと、MYSCONの申込みしました。昼・夜共に。今から「ミステリ・ザ・チーター」が楽しみでなりません。司会は誰かなぁ。