chronic life

stay awake, stay asleep

生きてるだけで、愛。/本谷有希子/『新潮』2006年6月号所収

まさか二十五歳にもなってこんな停電が怖いのか?(p.24)

ド直球投げてきたなぁ。小説を読んでいると云う感覚から遊離してしまいそうになるほど、胸の奥に真っ直ぐ届いてきた。これは……凄い。本谷有希子は小説家として、どんどん深化していっているような気がする。しかしまぁ、この小説にここまで感情移入出来るのは、もしかしたら少数派なのかも知れないけれど。いや、そんなことないか。だって、後半のバイト先から飛び出しちゃうところとか、もう本当にどうしようかと想ったもの。ここまで描かれたら、降参するしかありませんよ。ラストはちょっと甘いかなぁとも想ったけど、それで漸くこれが小説であると云うことを想い出せたので、これはこれである意味正解だったんじゃないかと。変な感覚ではあるけれど。それに、このポジティヴさをどう受け取るかと云うのも、大きな問題だと想ったりもするし。瞬間ですよ、五千分の一秒のね。後、僕の頭の中ではずっと、主人公の同棲相手である津奈木が、先日の『密室彼女』に出演していた加藤啓さんなイメージで読んでました。ぴったりだと想うんですよ、実際。

新潮 2006年 06月号 [雑誌]

新潮 2006年 06月号 [雑誌]