chronic life

stay awake, stay asleep

スコットランドヤード・ゲーム/野島伸司/小学館

世界の中心で、愛をさけぶ』に感動した、凡ての人へ――。

判るとは想いますが、上記の一文は作中からの引用ではなく、僕が勝手に考えたこの本の帯文です。実際の帯には申し訳ないですが、これくらい書いたっていいような気がします。と云うか、それくらいもっと多くの人に本書を読んで欲しい、と云う想いが込み上げてきてしまいまして。この作品は、野島伸司による『世界の中心で、愛をさけぶ』へのアンサーソングであり、尚且つこれまでの野島作品からの大いなる飛躍でもあると感じました。勿論、ストーリーや全体の雰囲気、それに登場人物や細かい台詞に至るまで、随所に野島的なテイストや趣向が溢れていて、彼のファンにとっては堪らない内容だったと想います。その上、今回はこれまでのドラマや小説で描かれていた愛の形から更に一歩進んだものを提示していて、これはただ野島ファンだけが楽しむのではなく、もっと広く、それこそ『世界の中心で、愛をさけぶ』くらい、多くの人達の心に届く物語になっていると想うのです。暫く前から、僕は野島作品に対して「ファンタジー」とか「寓話」と云う言葉を用いていたのですが、本作ではそれとほぼ同じ文脈で「メルヘン」と云う言葉が出てきます。何だか僕は、それで色んなことがとてもしっくりきた気がしたのです。だってこの小説こそが、正にその「メルヘン」そのものなのですから。
好きな人やものは他にも沢山あるけれど、やはり自分で「信者」と云って憚らないのは、野島伸司ただ一人かなぁ、と改めて痛感しました。大満足です。

スコットランドヤード・ゲーム

スコットランドヤード・ゲーム