chronic life

地下室の屋根裏部屋で

子供たち怒る怒る怒る/佐藤友哉/新潮社

読了。申し訳ないですけど、僕も全肯定しちゃいますよ。だってこんなに面白いんだもの。今この時に、この本を読めたことを本当に嬉しく想います。素晴らしい!*1
全作好きだし、この順番で並んでいることに深い意味と繋がりがあると想うのですが、特にラストを飾る「リカちゃん人間」は本当に素晴らしかった。この一作を読むために、これまで佐藤友哉を追い掛けてきたのではないかと想ったくらい。今、佐藤友哉は一つ大きな階段を上ったのではないだろうか。
佐藤友哉好きには堪らない――しかし、これまで読んだことのなかった人にも是非読んでいただきたい、そんな一冊です。
何かもう、サイン会で逢ったら感動して泣いちゃうかも知れない。今更ながら。

子供たち怒る怒る怒る

子供たち怒る怒る怒る

*1:王様のレストラン』の千石さん