chronic life

stay awake, stay asleep

ぜつぼう/本谷有希子/『群像』2005年11月号所収

作者名が伏せられていて、「これ書いたの佐藤友哉だよ」って云われたとしても、それほど難なく信じてしまいそうな感じだった。特に前半は。
枕はこれくらいにして、かなり面白かったです。これまで読んだ本谷作品の中で、恐らく一番良かった。と云うか、性に合った。単純に小説としても巧くなっていると想うし、色んな意味で輪郭がはっきりしていたので、普通に読み易かった。「ぜつぼう」なんてタイトルだから、どんな悲惨な話を読まされるかと想ってたんだけど、内容的にはそんなに構えることもなかったな、と。冒頭で佐藤友哉を引き合いに出しましたが、もう一人、町田康っぽい雰囲気もちょっとあったかなぁ、とも想いました。まぁ、どこが?と云われると、返答に困りますけどね。雰囲気ですよ、雰囲気。
多分一番入り易いと想うので、これから未読の人に本谷有希子を薦める時は、先ずこの作品を推したいと想います。と云う訳で、早いところ単行本に(ry。

群像 2005年 11月号

群像 2005年 11月号