chronic life

stay awake, stay asleep

直木賞授賞式

昨日は、直木賞芥川賞も)の受賞式だったので、この前のように沢山のメディアで取り上げられていた訳ですが、勿論扱いの大きさが違い過ぎるのは云わずもがな(笑)。我等が京極夏彦師匠は、折角紋付袴姿でご登場なさったと云うのに、やっぱ今は綿矢りさ金原ひとみ……。嗚呼、哀しい。嬉しいけれど、哀しいのです。まぁ、特に芥川賞の受賞されたお二人に、特別私怨がある訳でも、作品が嫌いな訳でもないので、それについては何も云える立場で無いと云うことは、重々承知しているのですが、出来れば一緒に報道されなければ、もっと師匠の扱いも違ったのでは……と、少しナーバスになってしまっているだけなのです。グスン。
まぁ、そんなことは些事であって、作品の内容や師匠自身について、特に何かが揺らぐ訳でも無いのですが……。と云うか、やっぱり僕等は一読者として、御目出度う御座居ますとしか云えない訳で、京極師匠や江國女史を始め、芥川賞のお二人の作品についても、唯読むと云う行為においてのに、その接点を持つべきなのかも知れない。いや、そんなこと今此処で、僕が断言したり規定したりするようなことでもないのだけれど……うん? 僕は一体何が云いたかったのだろう? 受賞作が掲載されている『文藝春秋』を積読にしたままで、何を云っても虚しいばかりか――。