chronic life

(In Øther Words)

2017年12月の読書まとめ

 さて、2017年も終わりましたね。誰にも読まれていないような気もしつつ、何とか一年続けてみましたが、あまり意味はなかったかも知れません。2018年は、どうしようかなぁ……。

12月の読書メーター
読んだ本の数:5
読んだページ数:1841
ナイス数:37

アクロイド殺し (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)アクロイド殺し (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)感想
犯人はさておき、解説で笠井潔が本作の「独創性」と指摘している某トリックについて、あまりにも軽々しく(殆ど断りなく)紹介されてしまっている場合が多くはないだろうか?と心配になった。
まぁ、現時点で全く何の予断もなくこの小説と向き合うことは、非常に困難かも知れませんが……。
読了日:12月04日 著者:アガサ クリスティー

傷だらけのカミーユ (文春文庫) (文春文庫 ル 6-4)傷だらけのカミーユ (文春文庫) (文春文庫 ル 6-4)感想
これまでの傾向から考えると、邦題の時点で何かを察しなければならなかったところでしょうね。そして、ドゥドゥーシュの名前が最初に出てくるページについても……。
読了日:12月12日 著者:ピエール・ルメートル

新潮 2017年 12 月号新潮 2017年 12 月号感想
佐藤友哉「神がかり」、保坂和志「『を待ちながら』ノート――無力さ、現前性、ユートピア」などを。
読了日:12月16日 著者:

江戸川乱歩と横溝正史江戸川乱歩と横溝正史感想
大変、読み応えがありました。乱歩と横溝の著作ももっと読もうと思いましたが、角田喜久雄『高木家の惨劇』も気になりました。
読了日:12月20日 著者:中川 右介

痴女の誕生痴女の誕生感想
発売直後に購入していたので、一年半以上積んでいた訳ですが、もっと早く読めば良かった。アダルトビデオとは同い年、と云っても過言ではないでしょうが、その歴史と自分がこれほどシンクロしていたとは……! また、章立ての並びが憎い。「幻想」と「イマジネーション」の先に、「誕生」があったのだなぁ。
もう一つの『誕生』も近々。
読了日:12月23日 著者:安田理央

読書メーター