chronic life

stay awake, stay asleep

ゼウスガーデン衰亡史/小林恭二/ハルキ文庫

圧巻。とにかく凄かった。何から、何まで。読んでいる最中、雰囲気の類似を一番感じたのが、清涼院流水の『カーニバル』三部作*1だった。はっきりどこが似ていると云う訳でもないのだけれど、強いて云えば、書かれている内容の勢いとそれを描く筆致の距離感が似ている、と云えるかも知れない。或いは、「自分の出来ることを全部やり切ってやろう!」と云う心意気も、近いものがあるように感じた。それにところどころ、「文SHOW」っぽい部分もあったし。その流れで云えば、この作品は「小説」ではなく「SHOW説」である、と云ってもいいかも知れない。いや、案外ボケとかじゃなくて、真剣に「SHOW説」ってピッタリな気がしてきた。ストーリーの展開や書き振りも凄いですが、ネーミングセンスなんかも、流水御大とか西尾維新とかで驚いてる場合じゃないですね。寧ろ普通の名前の人が殆どいないので、敢えて例を出すこともないほどに。パッとどこの頁を開いても凄い。そんな感じ。
本当、極上に面白い小説でした。あ、「SHOW説」でした(笑)。

ゼウスガーデン衰亡史 (ハルキ文庫)

ゼウスガーデン衰亡史 (ハルキ文庫)

*1:文庫版は五分冊