chronic life

stay awake, stay asleep

美女/連城三紀彦/集英社文庫

「喜劇女優」は本当に凄かった。色んな意味で、普通はこんな作品とても書けない。しかし、連城三紀彦の手に掛かると、これほど鮮やかで見事な出来栄えになるとは。いやはや、確かにこれほどの傑作が、あまり読まれておらずそれほど評判にもなっていなかったと云うのは、勿体ないと云うか何と云うか。
その一作のあまりの凄まじさに、他の作品が霞んでしまうかとも想えたのですが、「喜劇女優」以外にも「他人たち」や「夜の右側」、それに「夜の二乗」なんかは実に素晴らしかったです。あ、今改めて目次を見ていて気付いたのですが、奇数番目の作品のタイトルの一文字目が「夜」で統一されているのは、きっと意図的なんでしょうね。芸が細かいなぁ。
後、最後に控えた表題作なんか、向田邦子のドラマを観ているような、何とも云えない震えが来ました。これは全篇通して云えることでもあるのですが、ミステリー的な趣向(トリックやどんでん返し)の切れも素晴らしいのですが、それと絡まり合うように描かれる人間の感情の微妙な機微や移り変わりと云うのも、非常に素晴らしいなぁ、と。この絶妙なバランスと云うのは、連城の真骨頂であり、僕の一番のツボでもあるんだなぁ、と想いました。あー、もっと連城読もうっと。
それにしても、やはり人の心と云うのが一番のミステリーだなぁ、と。

美女 (集英社文庫)

美女 (集英社文庫)