chronic life

stay awake, stay asleep

死神の精度/伊坂幸太郎/文藝春秋

読了。取り敢えず一言だけ。大変素晴らしい。詳しくは、また後で。
余所様の感想や何かを読んで、「何だか僕の好きそうな話だなぁ」と想って読んでみたら、想像以上にツボだった。これは面白い! これまで読んだ伊坂作品の中で、一番好きかも知れない。
伊坂の飄々とした語り口が、死神のキャラクターとこれ以上ないほどにマッチしていて、誰と喋っても微妙にディスコミュニケーションなのが最高。他にも魅力満載ですが、後は他の方の感想を読むか、実際に作品に当たっていただいてご確認を*1
ストーリーも文章も、別に全然似てないんですが、何故か読んでいて石田衣良の『池袋ウエストゲートパーク』を初めて読んだ時の興奮を想い出してた。
どれも素晴らしい短篇なのですが、あえて挙げるとすれば、一番好きなのは「恋愛で死神」。千葉と荻原の遣り取り、そしてこのラスト……もう、本当に堪りませんね。
それと、こういうことを書いてしまうと、或いは未読の方にあらぬ先入観を持たせてしまうかも知れませんが、僕は大層鈍感なもので、ラスト2頁で想わず「わーお!」と声を上げてしまいました。驚きと云うか衝撃、衝撃と云うか感嘆、感嘆と云うか……何と云い換えても、どうも座りが悪いので、これ以上の蛇足はつけませんが。とにかく、参った。

死神の精度

死神の精度

*1:放り投げ感想