chronic life

stay awake, stay asleep

残像に口紅を/筒井康隆/中公文庫

読了。何か判んないけど、負けた。負けた気がする。敗北感と云うか、絶望と云ってもいい。それは勿論、ある種心地の良いものでもあるのだが。実験的小説と云う意味で、ここまで意欲的な作家を僕は他に知らない。感嘆、の一言に尽きる。まるで、使える音が半分位しかないようなしどろもどろな感想ですが。どれを読んでも「参った」と唸らされてしまう。全く、困った作家だ(勿論、褒めてますよ)。
僕は、筒井康隆について殆ど知らない。だから、途中で展開されている佐治勝夫の自伝的内容は、あくまでも佐治勝夫の自伝として読んだ。僕はそれでいいと想うし、本当に本人のこととして読んだって構わないとも想う。そんなことは、この作品の素晴らしさの本質とはあまり関係ない気がしないでもない。家族小説として読むには、また別の視点が必要だろう。
ところで、筒井は次にどれを読んだらいいかしら。

残像に口紅を (中公文庫)

残像に口紅を (中公文庫)