chronic life

stay awake, stay asleep

gift/古川日出男/集英社

読了。うわー、面白いなぁ。もう何だか最近、面白い本しか読んでなくて、自分の中の基準がかなり揺らいでいます。揺らいでると云うか、基準が上がっている。本書には、所謂「掌編」と呼ばれるような短いお話が19篇。しかも全部ちょっと変。変と云うか、おかしい。赤ちゃんの表情の変化のようにおかしい。それはつまり、愛らしいと云う意味を含んだおかしいで、ずっと見ていたいと云うか、ずっと傍に置いておきたいと云った感じな訳です。
凡てがそれぞれに魅力的なお話なのですが、個人的お気に入りは「オトヤ君」、「アルパカ計画」、それに「さよなら神様」と云ったところ。「雨」もいいですね。「日常」と「非日常」の間にある、不思議な時間・不思議な空間。そんなものがこの本の中には詰まっています。みっしりとではなく、ふんわりと。何と云うか、勉強になります。

gift

gift