chronic life

stay awake, stay asleep

演歌の女王/第四回

酒井さんは本当に、ああいう役をやらせたらもう天下一品ですよね。特に心の声が凄く良かった。なので、イマイチ意図の掴み辛かったひまわりとの格闘シーン(勿論、ひまわりの妄想ですが)なんかも、そんなに気にならず。しかし、まさかあそこまで何から何まで嘘塗れだったとはなぁ。しかも、別にまだ改心してないですしね。って云うか、真佐美が嘘を吐いていると云うことを田丸家の人達に話せていないと云う意味で、ある意味ひまわりも共犯みたいなもんですからね。全くもって、ひまわりは色々と抱え込み過ぎなんですよ。同居人然り、云い出せない問題然り、ヒトシが連れてくる犬然り……。で、そんな一部始終を見ていた貞子って、ひまわりの弟子と云うよりは寧ろ、黙認されたストーカーって感じですよね、あの域にまで達していたら。終盤のヒトシとのラヴホテルでの件も、ある程度までは隠れてこっそり見てたんだろうなぁ。いやー、大変だ。けど、貞子のヴィジュアルと云うか、主にヘアメイクは個人的にかなりお気に入りなんですよね。髪で片目が隠れているのに弱いんですなぁ、どうも。一方、道代のアルツハイマーの問題は、結構ナイーヴに扱わないといけないんじゃないかな、と想います。まぁ、恐らく大丈夫でしょうけど。信友家の話も漸く本筋に絡んでくるようで、益々とんでもないことになっていきそうなのが、楽しみでしょうがないですね。パート先の矢沢が、「俺、店長じゃなくてマネージャーだから」って云ってたのは、オマージュと取っていいんですよね? そうですよね? 後、冒頭のシーンの幸子、と云うか福田さんが、どんどん天海さんに似てきているような気がするのは、僕だけなんでしょうか? メイクかなぁ。