chronic life

stay awake, stay asleep

北の零年

豪華なキャスト陣と行定勲監督と云うことで、観てみようと想った僕の方が悪かったようでして。少なくとも、この映画のメインターゲットに、僕は入っていなかったような気がしました。と云うか、そもそもこの映画のメインターゲットって、一体どういう層だったんだろう? それぞれの俳優さんや監督のファン以外で、この映画そのもののテーマやメッセージ性に惹かれて観ようと考える人――今、どこかを「開拓」しようとしている人って、どんな人達なんだろうか? まぁ、それはさておき。キャストとしては、香川照之さんと石田ゆり子さん、そして豊川悦司さんが良かったです。こんなことを書くと、この映画を根底から覆してしまうかも知れませんが、主演は別に吉永さんじゃなくても良かったような……。って云うか、吉永さんがお芝居をしているところって、殆ど初めて観たかも知れません。後、「テレビ放送用に再編集された特別バージョン」と云うことだったので、多少カットされている箇所もあったんだとは想いますが、阿部さんの役っていつの間に新政府側と云うか、渡辺謙さんの部下の方に回っていたんでしょうか? 終盤のクライマックスシーンなのに、そのことの方が気になってしまって、どうにも感動に乗り切れなかった感はありました。いやー、久し振りに参った。

北の零年 通常版 [DVD]

北の零年 通常版 [DVD]