chronic life

stay awake, stay asleep

僕の歩く道/第十回

てっきり後二回やるもんだと勝手に想っていたので、来週が最終回と云うことにちょっと驚いてしまいました。そういう訳で今回は、秀治とりなの兄妹がメイン。まぁ、本来なら一番最初に語るべきところだったのかも知れませんが、敢えてこのタイミングと云うのがまた巧いなぁ、と。その上、都古が河原の家を出てしまったり、輝明がロードバイクのレースに出場したがったりと、なかなかに欲張りな構成になっていたと想います。普通、これだけエピソードを並べてしまうと、ちょっと散漫と云うか落ち着きがない雰囲気になってしまったりするんですが、そこは流石に橋部さん。抜かりがないと云うか、実に手際が良かった。秀治やりなの件も、古賀や園長、それに真樹と幸太郎の時のように一時間掛けてじっくりと描くと云う手もあったとは想いますが、個人的には今回のような描き方の方が寧ろ好みだったかな、と。特にりなに関しては、堀田との絡め方も非常に巧みだったと想いますし。と云うか、もしかしたら今回のあのシーンが、このドラマでの堀田の一番の見せ場だったのかも知れません。まぁ、来週次第ですが。さて、そんな訳で最終回はどうやら輝明がレースに出るらしいと云うこと以外、殆ど予想が付かないんですが、果たして一体どうなることやら。里江の病気とかの心配はもうないですよね? ない、よね……。