chronic life

stay awake, stay asleep

下北サンデーズ/第五回

個人的には堤監督の持ち味って、大きく分けて「小ネタ」と「浪花節」の二つだと想っているんですが(勿論、堤演出の魅力はそれらだけではなく、この二つが特に顕著で判り易いと云うくらいの感じなんですが)、そういう意味では今回ってとても象徴的だったなぁ、と。前回がサンボの回なら、今回はキャンディの回だった訳ですが、クライマックスシーンで印象的だったあの一連の台詞って、キャンディ自身のことでありつつ、下北サンデーズ全体のことでもあり、また尚且つ堤監督の作品の通奏低音のような気さえしてしまいました。だから、余計に何重にも感動してしまった訳ですが。そこまでのところで、色々と云いたいことが一杯あった筈なのに、未熟……。それにしても、蔵之介さんはいつもにも増して鬼気迫る演技だったなぁ。まぁ、実際ああいう話は感慨深いものがあったんでしょうが。しかし、『人生はステージ』って本当にまんま『劇団演技者。』だったなぁ。あんなキワモノやってるのは、観たことないけど。それ以外にも、沢山ネタフリや小ネタ*1が満載だったんですが、僕としてはサンボと玲子の仲が一番気になるところですね。いや、似合ってると想いますよ、僕も。

*1:遂に、三谷と野田が空中浮遊!(C)TRICKかよ