chronic life

地下室の屋根裏部屋で

SURFACE

酷く落ち込んで、気分をリフレッシュしたいような時には、必ずと云っていいほどSURFACEのベストアルバム『SURFACE』を聴くようにしています。前にも書いたかも知れませんが、本当に何度このアルバムに心を救われたか判らないくらいです。特にシングルの「それじゃあバイバイ」「さぁ」「なにしてんの」「なあなあ」「ゴーイング my 上へ」「その先にあるもの」なんかは、正に自分のことを唄われているかのような気持ちになって、本当に心から勇気付けられます。「本当に」とか「心」とか云う言葉を重ねてしまうのは、それだけこのアルバムが僕と云う人間のコアの部分に直接語り掛けてくるような気がしてしまうからで、それは何だか太宰治の『人間失格』を読んだ人の多くが「これは自分のことだ!」と想ってしまうのと似ているかも知れません。ただ、少なくとも僕は、大好きな作品ではあるのですが、『人間失格』を再読してテンションが復調すると云った感覚にはならないので、やはりこの『SURFACE』はとても稀有で貴重で大切な一枚だと感じているのです。以上、自分語り第二章でした。――終幕。

SURFACE

SURFACE