chronic life

stay awake, stay asleep

西尾維新クロニクル//宝島社

版元が宝島社と云うこともあってか、全体の雰囲気としては「別冊宝島」っぽい感じもしたのですが、想像以上に実りの多い一冊でした。ただのファンブックじゃなかった。お見逸れ致しました。特に北山猛邦との対談と、書き下ろし小説「ある果実」が印象に残りました。「ある果実」は、恐らく『ユリイカ』の西尾特集号に掲載された「させられ現象」と同じシリーズ、と云うか連作っぽい雰囲気で、共通するモチーフとして「本」、或いは「読書」と云うものが、かなり大きく取り上げられています。と云うか、殆どそれだけの小説と云っても過言ではないかも知れません。いや、確かにボーイ・ミーツ・ガールものでもあるとは想うんですが……ラストはちょっとキュンと来るし。とにかく、「本を読む」と云うことについて多少なりとも自覚的な人には、(共感・反感色々あるでしょうが)是非読んでいただきたい一作だな、と。少なくとも、僕は大変面白かったです。しかし、作中の分類でいくと僕はまだまだ初心者も初心者だなぁ、と想ってしまう訳です。数と云うより、気持ちにおいて。とか何とか、色々考えさせられたり。
それと、『少年シリウス』で連載されていた、JDCトリビュート第二弾である『トリプルプレイ助悪郎』が相当僕好みの内容らしい、と云うのが知れたのも収獲でした。早くノベルスで出ないかなぁ。楽しみだ。後、「京都・戯言事件地図」を手に、京都旅行に行きたくなりました。

西尾維新クロニクル

西尾維新クロニクル