chronic life

I can (not) have relations.

臨場/横山秀夫/光文社

読了。初横山。これは素晴らしい。痺れた。人気があるのも本がよく売れるのも、実に頷ける。これはまた、チェックしなければならない作家が一人増えてしまった。拙いなぁ、実に拙い(笑)。
とにかく、『終身検視官』の異名を持つ中心人物、倉石が格好良過ぎる。各短篇の視点人物や事件の関係者達も、皆それぞれに魅力的なのだが、この倉石の魅力は群を抜いている。「主人公」と云う言葉は似合わないが、読み終わった後で一番感じたのは、やはり倉石と云う人物の人柄、そしてその特異な才能だったように想う。
特に気に入ったのは「餞」、「真夜中の調書」、それに「黒星」。過度に湿っぽくならず、あっさり描かれているからこそ、心に染みるいい話と云うのがある。そのツボを的確に捉えた、名人の作と云った趣だ。

臨場

臨場