chronic life

地下室の屋根裏部屋で

雨と夢のあとに/第五回

笑えるシーンとちょっとホロッとするシーンのバランスがいい感じで、漸くこのドラマの目指す先が見えてきた気がします。この調子でいけば、なかなか面白いことになるんじゃないでしょうか。
やっぱ家族の話だと、雨と朝晴にオーバーラップさせ易いし、ドラマとしてのテーマにもしっかり結び付いてますよね。今回は結構、巧く纏まってたと想いますよ。その分、早川家の出番は取って付けたみたいだったけど。
キャスト的には、佐藤二朗さんが最高でしたね。子供達と一緒にワイワイやってるシーンも、朝晴に真実を告白して自殺しようとするシーンも、何かもう本当に巧いですよね。まぁ、他の梅津家の面々は、可もなく不可もなくと云った感じで。深澤君はいい味出してましたけど。
雨と朝晴とマリアの関係が、漸くスッキリしたかと想ったら、今度は朝晴が雨の実の父親じゃないとか云い出すし。もう、未だ未だ飽きさせませんねぇ、このドラマ。って云うか、もしそれが本当だとして、朝晴もそのこと知らなかったとかじゃないよな?
前から気にしていた桜井家の家計問題が結構大きく扱われ出して、朝晴が作曲を始めたけど、これが最終回に向けての伏線とかになるのかなぁ。最後に朝晴が雨に曲を贈って、それをマリアが歌ってる横で成仏しちゃう、とかね。ベタか、ベタだなぁ。原作知らないから、幾らでも好きなこと云えますけど。