chronic life

地下室の屋根裏部屋で

anego/第三回

32にもなって、奈央子はキス一つでうろたえ過ぎじゃないですか? そりゃあ心中は動揺してると想いますけど、それを何とか隠そうとか表に出さないとか云う描写が一つもないもんで。やっぱり相手が黒沢(赤西)だからかなぁ。と云うか、後半のデートのシーンとかからも判る通り、やっぱり未だ奈央子は「女の子」なんですよねぇ。全然「大人の女」じゃないのに、無理してそういうスーツを着てるもんだから、ちょっとしたことで直ぐそれが脱げちゃうんですよね。何か凄く偉そうなこと書いてるけど。
一方、絵里子のイタさがかなり前面に出てきて、今更ながら「この人はこういう役なんだなぁ」と実感。きっと、他に電話出来る人、一人もいないんだろうね。それと、沢木が「妻は他人との距離が巧く取れないもので」みたいなことを云ってたけど、それってよく考えたら、このドラマのメインキャスト皆そうじゃない? 変に突っ張ってる人もいれば、恋愛相談してていきなり電話口で号泣し出す人もいるし、唐突に先輩のこと「アネゴ」とか云い出す人もいるし……何か、書いててとんでもないドラマのような気がしてきた。
後、何か斜に構えてる感じだった立花と加奈が、くっついたら急に二人とも高校生みたいに甘酸っぱくなっちゃって、これは一体どうしたことかと想った。何かねぇ、恋愛したら何でもアリか、と。
けど、後半のデートのシーンとかは満更悪くないなぁ、と想ってしまう僕もイタい訳で。奈央子が色んなことが云い出せない気持ちをテロップで表したのは、かなりツボに嵌ってしまいました。まぁ、単純に可愛い人なんですよ、奈央子は。後、「魔法の水」の件がやりたかったから、サッカーとかじゃなくてラグビーだったんだろうなぁ。赤西君には合わないけど、「アネゴ」とか云うセンスとは相通ずるものがあると想う。
そんなこんなで、奈央子もお見合いするみたいだし、物語が大きく動いていきそうです。大きくとは云っても、いきなり戦争が始まったりはしないと想いますけど。