chronic life

地下室の屋根裏部屋で

eRotica/e-NOVELS編*1/講談社

読了。官能小説アンソロジー。目当ては津原さんと京極師匠。誰とは云いませんが、初めて読んだ作家も何人か。それぞれ個性的な作品が並んでおります。
ベストは貫井さんの「思慕」。判り易過ぎて恥ずかしいような気もしますが、こういう作品が好きなのです。以下「危険な遊び」、「淫魔季」、「大首」、「愛ランド」と続く。挙げた作品の方が多いし。ま、それだけ面白い作品が多かったと云うことですが。
何と云うか、一日にこの映画と本の並びと云うのは、見る人が見ればどうかと想う。