chronic life

stay awake, stay asleep

1973年のピンボール/村上春樹/講談社文庫

読了。感想は、ちょっと後で。
勿体無くて、ゆっくりゆっくり少しずつ読んでいました。何だか、読み終えてしまうのがとても淋しいようで。僕や鼠やジェイや双子と逢えなくなるのが、とても切なくて。けど、終わってしまった。
鼠がこの後どうなるのか、気になってどうしようもない。それが『羊をめぐる冒険』で語られているのかどうか僕は全く知らないのだけれど、鼠にまた逢えるなら、僕は読まない訳にはいかない。
そう云えば、何故だか知らないけれど、途中までずっとジェイは女の人だと想ってて、途中で男の人だと気付いてとても驚いた。きっと、鼠とジェイが恋人同士のように想えていたのだろう。いや、深い意味はない。

1973年のピンボール (講談社文庫)

1973年のピンボール (講談社文庫)

それにしても『シンセミア』が全然終わらない。面白いんだけどさ。