〈DULL〉

ONE MORE LI(F)E

2017年10月の読書まとめ

 感想は書いてなかったんですが、吉岡里帆のコンセプトフォトブックも良かったです。

10月の読書メーター
読んだ本の数:6
読んだページ数:2165
ナイス数:39

アリス・ザ・ワンダーキラーアリス・ザ・ワンダーキラー感想
版元こそ違いますが、ある意味『RPGスクール』路線と云いますか。まぁ、一筋縄ではいかない感じですかね。『アリス』モチーフのミステリーも色々と読んできましたが、また新しい切り口だったかなぁ、と。
結構序盤から、アリス=鈴木梨央ってイメージで読んでました。
読了日:10月02日 著者:早坂 吝

吉岡里帆コンセプトフォトブック「13 notes#」 (TOKYO NEWS MOOK)吉岡里帆コンセプトフォトブック「13 notes#」 (TOKYO NEWS MOOK)
読了日:10月02日 著者:

筒井康隆入門 (星海社新書)筒井康隆入門 (星海社新書)感想
すこぶる面白く、大変ためになった。まだ読んでいない筒井康隆の作品がこんなにもあると云う幸せ! 先ずは積んでいる何冊かを見つけ出さなくては……。
読了日:10月06日 著者:佐々木 敦

迷路館の殺人<新装改訂版> (講談社文庫)迷路館の殺人<新装改訂版> (講談社文庫)感想
やっぱり面白いなぁ。そして、俺は額縁小説が好き過ぎるの巻。次は『人形館』……ではなく、『緋色の囁き』かな。刊行順としては。
読了日:10月06日 著者:綾辻 行人

殺人喜劇の13人 (創元推理文庫)殺人喜劇の13人 (創元推理文庫)感想
あの頃にタイムスリップしたような感覚に陥る。しかしそれは、私の知らない遠い虚構の世界なのだ。それでも懐かしさを伴うのは何故だろうか。嗚呼、あの“荘”に私も住まいたい……。
読了日:10月16日 著者:芦辺 拓

あなたの人生の物語 (ハヤカワ文庫SF)あなたの人生の物語 (ハヤカワ文庫SF)感想
それこそ妙な話かも知れませんが、ある意味〈新潮〉っぽかったり、或いは円城塔のようでもあったり。
『メッセージ』、改めてもう一回観てみましょうかねぇ。
読了日:10月23日 著者:テッド・チャン

読書メーター