chronic life

stay awake, stay asleep

文学の徴候/斎藤環/文藝春秋

読了。色々と興味深いテキストだった。精神科医斎藤環が「文學界」に連載していた文芸時評を纏めたもの――と簡単に一言で紹介してしまうけれど、そう一筋縄でいくものではない。とか、格好良く決めてみたかっただけ。雰囲気雰囲気。
前半は読んだことのある馴染み深い作家が多かったけれど、後半になるに従って、名前を聞いたことがある程度の人達が並んでいて、最初はどうしようかと想っていたのだけれど、読み始めてみるとそれはあまり関係なかった気がする。それはそれで、読み方としてどうかと想うが。これまでイメージだけで避けていた作家の中で、何か読んでみたくなった人がいたので、それだけでも儲けもの。因みに、石原慎太郎だけどね。

文学の徴候

文学の徴候