心の外で思って®

〈Belacqua〉

2017年5月の読書まとめ

 4月から持ち越した三冊も読み終え、今は丁度谷間の時期です。

5月の読書メーター
読んだ本の数:8
読んだページ数:2499
ナイス数:37

一九八四年[新訳版] (ハヤカワepi文庫)一九八四年[新訳版] (ハヤカワepi文庫)感想
あー、二重辛苦(ダブルシンク)。
読了日:05月05日 著者:ジョージ・オーウェル
皆殺し映画通信 冥府魔道皆殺し映画通信 冥府魔道感想
何とか(Amazonその他で)延び延びになっているらしい『地獄旅』の発売前に読了。毎年恒例のあの指数、2015年は9/50だったんですが、恐らく近い内に『THE HYBRID 鵺の仔』は観るつもりなので、10/50になると思います。
そして、「地域発映画」とNHKがやっている《地域発ドラマ》についても比較検討してみたいところです。アレも色々ねぇ……。
読了日:05月06日 著者:柳下毅一郎
青が破れる青が破れる感想
文藝賞受賞作を読むのは恐らく、磯﨑憲一郎『肝心の子供』以来かと。どうにも狙いと天然の線引きが難しいな、と。敢えて「純文学」のパロディをやっているのか、凡て本気のストレートなのか……。どちらにせよ、「っぽさ」だけが残る読後感でした。
読了日:05月07日 著者:町屋良平
大きな鳥にさらわれないよう大きな鳥にさらわれないよう感想
こういう小説に出合いたくて、私は本を読み続けているのだなぁ、としみじみ痺れる。「Interview」のおれ、好きだなぁ。〈新潮〉っぽいと思っていたんですが、〈群像〉でしたね。『変愛小説集 日本作家編』所収の「形見」のみ再読。
読了日:05月09日 著者:川上 弘美
アイドルになりたい! (ちくまプリマー新書)アイドルになりたい! (ちくまプリマー新書)感想
『笑う招き猫』の行き帰りで読んでいたら、色々なことを考えてしまいました。敢えて、これ以上は詳しく申しませんが……。
天皇もアイドルであるならば、ファンもアンチもいることでしょう。勿論、まるで存在しないかのように無視するか、或いは無関心な人が多いこともまた。だから何だ?と云われると困ってしまうんですが、「なりたい!」と対に「辞めたい……」もあると云う、当たり前の事実を想起する平成29年に。
読了日:05月10日 著者:中森 明夫
聖女の毒杯 その可能性はすでに考えた (講談社ノベルス)聖女の毒杯 その可能性はすでに考えた (講談社ノベルス)感想
ミステリーにおける、稚気と論理のバランスについて考えながら読んでいた。その鮮やかなる融合の達成を願って……。「容疑者は高々……七十億強」(p.261)いいフレーズですね。
読了日:05月19日 著者:井上 真偽
百億の昼と千億の夜 (ハヤカワ文庫JA)百億の昼と千億の夜 (ハヤカワ文庫JA)感想
凡そ二十年ぶりの再会(と敢えて云いたい)。嗚呼、魅了……!
読了日:05月29日 著者:光瀬 龍
火蛾 (講談社ノベルス)火蛾 (講談社ノベルス)感想
《山》に行くまでは些か読みあぐねていたんですが、そこから先は一気に。いやー、恐れ入りましたね。終盤のこういう感じ、好きだなぁ。
読了日:05月30日 著者:古泉迦十

読書メーター