chronic life

stay awake, stay asleep

ボーイズ・オン・ザ・ラン




 峯田君もいいのだが、常々「黒川芽以最強説」を唱えている者の端くれとしては、やはり植村ちはる*1の魅力について語らねばならないだろう。しかし、それはかなり諸刃の剣的側面のある話でもあって、この場合の「愛らしい」と「憎らしい」は殆ど同義になってしまうのである。もしかしたらそれは、僕の女性に対する姿勢そのものを映し出しているのかも知れない。と云うか、単純に僕は黒川芽以が好きなのだ。で、同時に植村ちはるも好きなのだ。実に困ったことだ。僕は観終わった直後、あるところに「青春を拗らせた凡てのボーイズ&ガールズへ」と書き込んだのだけれど、今になってみると、これはやっぱり「ボーイズ」のための映画なんだろうなぁ、とじわじわ想い始めている。黒川芽以演じる植村ちはるに対して、このような愛憎相半ばする感情を抱かなければ、これほどこの映画に執着することはないような気がしてきたのだ。勿論、同日公開の『ゴールデンスランバー』でもいい味を出していた渋川清彦さんや、斎田産業の社長を飄々と演じたリリーさん、それに独特のオーラを纏っていたYOUさんなど、他にも気になるキャストは沢山いたし、そもそもの筋と云うかストーリーも面白いのだけれど、とにかく想い出すのは植村ちはるの表情だったり部屋(の汚さ)だったり発する言葉(声)だったり佇まいだったり一挙手一投足だったり……。何だか、段々自分が田西になってきたような感覚に襲われる。いつ、頭をモヒカンにしてもおかしくないところまで来ている。愛……? いや、何だこれは――。

エクステのケアについて

ボーイズ・オン・ザ・ラン 1 (ビッグコミックス)

ボーイズ・オン・ザ・ラン 1 (ビッグコミックス)

ボーイズ・オン・ザ・ラン

ボーイズ・オン・ザ・ラン

*1:黒川芽以の役名