chronic life

stay awake, stay asleep

諏訪哲史『りすん』講談社

 重箱の隅を突くようなことで、非常に恐縮ではあるんですが、作中に出てくる年表が正しいのだとすると、「ブラピ」はちょっと早くねぇ? 勿論、ブラッド・ピットはもう役者として着実にキャリアを積んでいた頃であることは間違いないと想うのですが、日本で「ブラピ」と云う愛称が広く認知されたのは、もうちょっと後なんじゃないかなぁ、と。まぁ、もしかしたら「ブラピ」も、「ポンパ!」みたいなものなのかも知れませんが……。って、全然感想になってないし。次の本は何色かなぁ。

りすん

りすん