chronic life

地下室の屋根裏部屋で

薔薇のない花屋/第九回

 これで漸く、漸くスタートラインに立ったと云うような感じですかね。ここから、どんな風に物語が動いていくのか?と云うのが、野島伸司の真骨頂だと想うんですよねぇ、個人的には。どうもまだ、英治は何か隠しているようだし……。うーん、後二回、後二回かぁ。