chronic life

stay awake, stay asleep

演歌の女王/第一回

想像以上にコメディ寄りと云うか、映像的な遊びが多かったな、と云うのが初回を観ての率直な感想でした。イメージシーンとかファンタジーっぽい演出と云うのも、そんなに嫌いではないんですが、もっとストレートな作劇でも良かったかなぁ、とは想いました。まぁ、そうすると話が重く暗い感じになってしまったような気もしますが。それにしても、真裏の放送だった『アテプリSP』と云い、不幸な主人公は犬のフンを踏むと云うあまりにも古典的なネタを、2007年にもなってこう何度も観させられるとは想ってもみませんでした。いやー、ドラマの中とは云え、あんまり気分のいいもんじゃないんですよねぇ、本当。後、福田麻由子の役柄の設定を、引っ張らずに直ぐ明かしたのも、個人的には結構意外でした。確かに、福田さんはああいう役が多いですけどね。これからは、酒井若菜さんや成海璃子さんの出番がもっと増えることを期待して……って云うか、どうするだろうなぁ、あんなラストで。まぁ、ヒトシの母親から貰った反物が「女のわかれ道」になっていたところは、結構好きでしたけど。