chronic life

stay awake, stay asleep

大奥

今年の映画館初めです。これまで『大奥』シリーズを観続けてきた者として、一仲間由紀恵ファンとして、そして先日のSPにまんまと引っ掛かってしまった一人として、劇場に足を運ぶことと相成りました。感想と云うか、映画全体の印象としては、想っていたよりも杉田さんの役が重要なポジションだったな、と。この作品のキーパーソンを一人だけ挙げろと云われれば、僕は迷わず「宮路」と答えることでしょう。まぁ、予告や番宣では意図的にその辺りを濁していたんでしょうが。で、主演の仲間さんは、なかなか気丈に絵島と云う役を演じ切っていたと想います。これまでの『大奥』シリーズにはあまりいなかったタイプの人物像なので、初参加の仲間さんがぴったりだった、と云う感じもしました。次に、井川さん演じる月光院と云う役は、正直かなり難しかったと想いますが、役の抱えている葛藤や苦悩を繊細に表現されていて、非常に好感が持てました。けどまぁ、月光院と云う人物自体に関しては、相当危うい人だなぁと云う想いが、ストーリーの進行に従って強くなっていきましたが。しかし、こういう人っているよなぁ、きっと。仲間さんと井川さん以外の大奥の面々に関しては、もう何も云うことがないですね。お見事、天晴れでした。そんな多くの女優さん達に囲まれていた西島さんと及川さんも、かなり良かったと想います。ただ、特に白塗りのシーンなんかを観た感じでは、二人の配役が逆でも良かったかなぁ、と云う考えが頭を過りました。及川さんの生島も、画になったと想うので。それ以外の脇役もかなり豪華なキャスト陣が並んでいて、出番がこれだけじゃあちょっと勿体ないよなぁ、と感じたほどでした。星野真里さんとか、一体どれだけの人が気付いたんだろう?と想ったくらいでして。

http://www.oh-oku-movie.jp/

大奥―OH!OKU (角川文庫)

大奥―OH!OKU (角川文庫)

大奥 スペシャル・エディション [DVD]

大奥 スペシャル・エディション [DVD]