chronic life

stay awake, stay asleep

Dr.コトー診療所2006/第二回

何かもう、ドラマとしてはとても面白いし非常にいいと想うんですが、最早ファン的なコメントしか書けそうにないので、もしかしたら次回からは感想を書かないかも知れません。一先ず、彩佳が島を出て東京に行ってしまったので、今後は診療所におけるミナを含めた治療やオペが、見所になっていきそうな気はします。しかし、彩佳がさちおじの自殺を止めた時のような説得力や力強さ、そして島の皆からの信頼感をミナが得られるのは、一体いつになるのだろうか。いや、全く彩佳の代わりになれと云いたい訳では勿論ないのですが、やはり今のままのミナでは少し心配だなぁ、と。後はやはり、剛利が良かったですね。いきなりコトーのところに電話してきたり、「貧乏暇なし」とか云ってた癖に、やっぱり剛洋の中学の入学式には出席したり。いい親父だなぁ、剛利……。剛洋は幸せ者だ、本当。