chronic life

stay awake, stay asleep

ドラマレジェンドスペシャル 古畑任三郎 vs SMAP

オリジナル版が放送された後も、何度か観返したりはしていたんですが、流石にここ数年は観ていなかったので、確かに久し振り感(「懐かしさ」とも云う)はありました。まぁ、当然の如く犯人は判っているし、細かい伏線や最後の謎解きの辺りも殆ど憶えていたので、新鮮さと云うのはあまりなかったんですが、想っていた以上に古畑の登場が遅くて、それにはちょっとだけ驚かされました。だって、二時間半以上の長尺とは云え、本篇の最初の一時間には全く古畑が出てきませんからね。幾らSPとは云え普通のゲストだったら、犯行前のシーンをこれだけ長くはやれなかったでしょうし、そういう意味でもやっぱりSMAPは凄いなぁ、と。って云うか、「古畑の行動についての分析云々」って云うのは、最初のプロファイリングのところだけで、その分オリジナル版ではあった筈の冒頭の三谷さんの解説が削られていたので、時間的にはほぼそのままって感じでしたね。まぁ、古畑の自分と犯人への指差しの回数を数えたりしたのは大変だったと想いますが、その映像すら殆ど静止画だったので、別にオリジナル版をそのまま放送するだけで良かったんじゃないの?と、想わないでもなかったです。
さて、次の「ドラマレジェンドスペシャル」は、いつ何をやるんでしょうかねぇ。またSMAPかよ!と云われてもしょうがないのですが、僕はやっぱり『僕が僕であるために』が観たいなぁ。