chronic life

stay awake, stay asleep

上手なミステリの書き方教えます/浦賀和宏/講談社ノベルス

世界は陰謀に満ちている。本書は、巧妙に(でもないけれど)講談社ノベルスを装った、記念すべき「回゛廊ノベルス」の第一作目なのである。この言葉に異議を唱える人は、恐らく殆どいないことだろう。何故なら、これほど『回゛廊』スピリッツに溢れ、『回゛廊』の基本姿勢を忠実に守り、『回゛廊』が目指すべき作品を志向している小説を、僕は他に知らないからだ。「chapter 2」までの時点では、まだ「これは浦賀版『告白』なんじゃないだろうか」と、些か的外れな意見が脳内に浮かんでいたのだけれど、「chapter 3」以降の怒濤の波状攻撃の前では、城戸熊太郎などまだまだ小物であった。最早、八木が凄いのか浦賀が凄いのか判然としないくらいなんですが、多分今月売りの新刊は、普通に買っちゃうと想います。だって、この続きが気になって気になって、ガンプラもまともに作れませんよ。まぁ、元からそんな趣味はないですけど。

上手なミステリの書き方教えます (講談社ノベルス)

上手なミステリの書き方教えます (講談社ノベルス)